RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 共存を。。。望む。。。望まない | main | 共存を。。。望む。。。望まない >>
共存を。。。望む。。。望まない
0

    先週、娘と休みを合わせて、東京ディズニーランドに行って来ました。
    アナ雪バージョンのワンス・アポン・ア・タイムを見てきました。
    指定席券の抽選が当たりました。
    しかも、最前列。

    そして、東京ディズニーランドを満喫していると、あるセクハラの被害女性からLINEが届きました。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    会社との和解が成立し、1月末で会社都合で退職することになりました。
    ○○氏(会社側の弁護士・他のセクハラ裁判やパワハラ裁判で悪質と評判の弁護士)が代理人をしている間は、会社は全く意味不明な対応をしていたのですが、労働審判の申し立てをしたことで会社の代理人が代わり、話し合いをしたいと言い出して話がまとまりました。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    彼女は、これ以上最悪な会社にいたとしても自分自身が更に傷つくことと考え、新しく立ち上がった法人で働くことにしたそうです。

    セクハラの加害男性との訴訟は、これからも引き続き頑張るとのことでした。

    会社側の代理人を替えさせ、会社側に「話し合いをしたい。」と言わせたことは、大きな勝利です。
    裁判に勝訴することだけが勝利ではありません。

    セクハラの被害女性の一人が『セクハラ裁判に勝訴してもセクハラの被害がなくならなければ、試合に勝って勝負に負けただ。』と言っていました。
    裁判に勝訴すること以上に、セクハラの被害そのものがなくなるように、そして、セクハラの被害女性が被害に遭った後セカンドハラスメントの被害に遭わないように、そして、何より楽しく幸せな日々が送れることが大切です。

    私が彼女に送ったメッセージは、『仕事頑張って下さいね。仕事だけでなくプライベートも充実させて下さい。私達のようにセクハラの被害を声にしたセクハラの被害女性が仕事もプライベートも充実した満ち足りた日々を送ることは、卑劣なセクハラの加害男性とそんな生き物を擁護する人間に一番手痛いことです。セクハラの被害女性が一人でも多く、セクハラの被害を声にできるようにするために重要なことです。」です。

    彼女も、私と同じように『セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくす。』ことが成就するために頑張っています。
    他のセクハラの被害女性と共に生きて生きたい。。。遠く離れていても、そばにいることができなくても、支え合いたいと願っています。

    『共存』。。。強く願っています。
    そして、セクハラの加害男性とそれを擁護する人間たちとの『共存』は望んでいません。

    夢の国・ディズニーランドで素敵なLINEを受け取りました。
    1週間経った今でも余韻が残っています。

    | - | 21:24 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    夢の国・ディズニーランドでも、セクハラやパワハラが存在します。

    http://matome.naver.jp/odai/2140840309066583601

    http://maihama.hateblo.jp/entry/2014/06/24/203855

    労働条件も最悪だし、地獄の国が実態です。

    弁護士会・社労士会と同じような体質ですよね。
    | 海野 | 2015/02/17 6:58 PM |










    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/234