RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< トータルなサポート | main | 寄り添う >>
賛否両論
0
    大阪都構想の住民投票が行われました。
    僅差で反対が多数となり廃案となりました。
    まさしく賛否両論でした。

    私個人的には、大阪都構想が良いか悪いか全然分かりません。
    ただ、今のままが良いわけがない。大きく変わらなければ明るい未来はない。でも、どう変われば良いのか分からない。。。

    多くの人が同じような思いではないでしょうか。

    他の問題でも、賛否両論です。

    でも、『セクハラを皆無にする。セカンドハラスメントをなくす。』は、賛否両論ではありません。
    少なくとも表向きは全員が賛成と言っても過言ではないはずです。
    「セクハラがなくならなくても良い。」と公然と言える人はいません。

    なのに、『セクハラを皆無にする。セカンドハラスメントをなくす。』ということが実現しません。
    貝塚市の民生委員で社会保険労務士であったI口のような、嫌がる女性の身体を触ることで己の性的欲求を満たしている性的異常の生き物の存在を許している人間がいるからです。
    また、民生委員の不祥事を隠したい、社会保険労務士の不祥事を隠したいという別の論点で物事を処理や対応する人がいるからです。

    身体的なセクハラは、悪意の故意でしかありえません。
    過失で、嫌がる女性の身体を触るということは起こりえません。
    悪質で陰湿なセクハラの加害男性の故意の行為です。
    つまり、セクハラの加害男性の存在を許さないという強い思いで、『セクハラを皆無』することはできます。
    セクハラの被害が起こらなければセカンドハラスメントの被害も起こりません。
    『セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくす。』ということは不可能なことではありません。

    「人を殺してしまう。」ことを防ぐことは不可能です。
    私は、「故意を人を殺すことはありません。」とは言い切れます。
    でも、過失で人を殺してしまうことは、絶対にないと言い切ることはできません。
    車の運転をしていますので、死亡事故を起こしてしまうかもしれません。
    災害時に、自分自身が助かるためにという行動が他の人を殺してしまうかもしれません。
    サスペンスドラマのように急に襲われて抵抗したら、襲った相手を殺してしまったなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
    正当防衛か過剰防衛か法的な問題で、「人を殺めた。」ということにはなります。

    私たちは、実際にそのトラブルの当事者にならなければ、その事実の重さを推し量ることさえできないことが多々あります。
    でも、「人を殺める。」という恐ろしい行為の当事者に自身がなってしまう危険性を誰もが持っています。
    殺された側の遺族にとっては、経緯は問題ではありませんから、私たち誰もが「人殺し」と罵られる危険性をもっています。

    しかし、多くの男性は「セクハラをしない。」「セクハラの加害男性にならない。」と言い切っています。

    議論の余地がない『セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくす。』ということが当然のこととならなければ、賛否両論となるような事柄を解決していくことはできないのではないでしょうか。

    セクハラ問題は、私たちの様々な問題の中で、解決できる問題ではないでしょうか。
    セクハラの加害男性の存在を絶対に許さないという強い心で解決できる問題ではないでしょうか。





    | - | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/243