RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 寄り添う | main | 寄り添う >>
寄り添う
0

    トラブルを拡大するのは、当事者ではなく、当事者に関わる第三者の無責任さや無関心さであると、以前から、このブログでも書いてきました。

    当事者は、どうしても感情的になりがちです。
    当事者に関わる第三者が、冷静に状況を把握して、当事者の憤りを『聴く』ことで、当事者の感情を抑えることが必要ではないでしょうか。

    被害意識がある当事者が、第三者に無機質な対応をされたとき、相手方への怒りなどの負の感情が増長するのではないでしょうか。

    『寄り添う』のは、難しいことでしょうか。。。

    当事者のモヤモヤした思いを親身に『聴く』ことで、当事者の感情が整理できるのではないでしょうか。
    親身に『聴く』ことは、難しいことなのでしょうか。。。

    トラブル対応やクレーム対応のマニュアルは整備されている組織は多いですが、『聞く』で『聴く』ではないような気がします。

    それと、「どっちもどっち」という第三者の言葉も無責任と思うのですが。。。

    トラブルの相談をしたとき、「どっちもどっち」と言われたとき、トラブルの相手方との仲を修復しようと思いますか?

    | - | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/246