RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< DV冤罪 | main | DV冤罪 >>
DV冤罪
0

    朝夕は、肌寒く感じるようになりました。
    今年も異常気象と感じているのは、私だけではないと思います。
    文明の発達により自然が壊されていることと無関係とは思えません。

    無関係の意味は、「関係がないこと。その事とかかわりがないこと。また、そのさま。」となっています。

    セクハラの被害を声にしたとき、社会保険労務士会の役員らの全員と言ってもいいほどが「社会保険労務士会は、無関係。」と口にしました。

    無関係かどうかは、問題提起する側は決めるものだと私は思っています。
    自分がいくら「この件には、無関係だ。」と思っていも、相手方が無関係との認識でなければ、関係者になってしまうのではないでしょうか。

    仕事でもプライベートでも、トラブルほど「関係があるかもしれない。」と意識するようにしています。
    意識してアンテナを張って情報収集した方が得策だと思っています。

    DV冤罪も、私が心の底から願っている『セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくす。』と無関係とは思っていません。
    今、セクハラ冤罪、痴漢冤罪、DV冤罪を深く考えなければ、逆行(バックラッシュ)の大きな一因になると危惧しています。
    特にDV冤罪は、子どもにとっては「父親が暴力男か母親が嘘つき女か」という辛い結果になってしまいます。

    トラブルを拡大するのは、当事者でなく当事者に関わる第三者の無責任さが原因と私は考えています。
    B男さんのDV冤罪では、特に強く感じています。

    A子が一人で「離婚の理由を夫の暴力したら有利。」と判断したのでしょうか。。。A子に関わっている人たちの無責任さに一因があるように思うのですが。。。

    A子は、H市にあるNPO法人の設立時の理事をしていたことがあります。
    今も、そのNPO法人の会員のようです。
    B男さんは、その活動には反対していました。
    反対の理由は、子どもの食事の用意をしない、専業主婦なのに子どもが帰宅する時間に家にいない、家を片付けないなどです。
    B男さんは、三人を子どもを中心とした生活を望んでいました。
    どこの夫婦にもある温度差です。

    家の片付けないことは、B男さんも手伝ったりしたらしいですが、毎日遅くまで仕事をしていると帰宅してからでは時間がなく、どんどん家は汚くなっていったそうです。
    A子が家を出た翌日の写真を見せてもらいましたが、子どもを育てる家庭環境ではない汚さでした。

    B男さんは、家計の管理をA子に任せていたそうで、しかし、支出の多さに疑問を持ち、A子が家を出る半年くらい前からは、B男さんが管理するようになったそうです。

    A子は、B男さんが働いて得た金銭をNPO法人の活動に使っていたのではという疑惑を私とB男さんは持ちました。

    その疑問をそのNPO法人に関わっているという市議に質問したところ、回答が「B男さんの収入がA子さんを通じてNPO法人への寄付金は一切ないと思われます。」でした。
    「思われます。」という表現に逆に寄付金があったと思わせてしまいます。
    NPO法人は会計は、明確に記帳しなければなりません。
    ですから、「思われます。」という回答はありえないのです。
    寄付金があったかなかったかという白黒はっきりした回答になるはずなのに、その回答がない。。。B男さんの疑惑が膨らむのは当然です。

    そのNPO法人の代表もその市議も「A子の言動には無関係だ。」と主張しています。

    そうでしょうか。。。
    市議に関しては、B男さん側から依頼したのではなく市議の方から関わってきました。
    (私の心の声は、問題解決能力がないんだったらシャシャリ出てくるなよ。)

    A子の言動に、そのNPO法人の代表や市議が無関係でしょうか。。。
    無関係ではありません。

    人は一人で生きていません。
    時の流れの中で関わりあって生きています。

    だから、『無関係』ではないはずです。

    無関係と主張するより、関係があるかもしれないと思うことが大切なのではないでしょうか。

    無関係。。。無責任な言葉です。

    | - | 18:50 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    涼子さん、ご無沙汰しています。

    セカンド・ハラスメントの問題やセクハラを問題にしている、涼子さんであれば、関心を持っていただけると思いましたので、スレ違いですが、投稿しています、もし本件を知っていればすいません。

    >AV違約金訴訟・意に反して出演する義務ないとし請求棄却。被害から逃れる・被害をなくすため今必要なこと

    http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20151001-00049989/

    とんでもない、内容の訴訟ですが、被害者はビデオが世の中に頒布されることで、2次被害を受けます。
    レイプ被害やセクハラ被害であれば、1度きりですが、ビデオが出回ることで、被害者は今後の人生にも支障が出ます。

    悪の手先になったのが、宮本智弁護士・第二東京弁護士会所属。

    このようなスラップ訴訟は被害者をより苦しめます、それは金銭的・精神的な被害です。
    社労士もそうですが、職業倫理を考えて適正に受任してほしい案件です。

    裁判所はビデオの回収などには及び腰です、困ったものです。
    | 海野 | 2015/10/06 10:39 PM |










    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/254