RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 祈り、願い、希望。。。呪い、祟り | main | DV冤罪 >>
祈りと呪いの違い
0

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    新しい年になりました。
    昨年の最後のブログタイトルは『祈り、願い、希望。。。呪い、祟り』でした。

    『呪い』や『祟り』の文字は、暗い印象を与える文字です。
    新しい年の最初のブログタイトルが『祈りと呪いの違い』にしました。

    『祈り』と『呪い』の違いは、何でしょうか。。。

    私は、ずっと祈っています。
    『セクハラが皆無になり、セカンドハラスメントがなくなる。』ようにと毎日毎日祈っています。

    セクハラの被害女性になってしまい、セクハラの被害を『声』にしたときから、毎日毎日祈っています。

    でも、セクハラの被害はなくなりません。
    セクハラの被害女性の現状は、一向によくなりません。
    セクハラの被害の『声』を出したことによるセカンドハラスメントはなくなりません。

    それに引き換え、セクハラの加害男性が平然と変わらない生活を送っています。
    セクハラの加害男性を擁護する人間が存在しています。
    そして、セクハラの被害女性がセクハラの加害男性を責め憎むことを非難する人間が存在することが、セクハラの加害男性に逆に被害者意識を持たせ、セクハラの被害女性を更に追い詰め苦しめることを平然と行わせています。

    セクハラの被害女性の生き地獄を作り出しています。

    『祈り』。。。セクハラがなくなることを祈っています。。。セカンドハラスメントがなくなることを祈っています。。。セクハラの被害女性が真に救われる日が来ることを祈っています。。。

    セクハラの被害女性が真に救われるのは。。。どういう状態なのか。。。

    私自身は、一日一日が幸せだと感じています。
    他の人が見ても、不幸せには決して見えないでしょう。
    周囲の人たちに恵まれているから。。。
    仕事でも、私生活でも。。。大切な人たちに囲まれているから、大切にしてくれる人たちに囲まれているから。。。。

    でも、この状況が、時々自責の念に駆られます。。。セクハラの被害に遭い、セクハラの被害を声にしことで仕事を失い、経済的に困窮したセクハラの被害女性のことを知ると。。。

    セクハラの被害を『声』にしました。
    問題提起しました。
    でも、『壁』は厚く硬く、まだまだ、気が遠くなるほど時間がかかると悟りました。

    『祈り』。。。セクハラを皆無になり、セカンドハラスメントがなくなること。そして、私達の苦しみの全てを災いの全てを性的異常の生き物とその家族とそれを擁護する人間達の上に追いやって下さい。

    セクハラが皆無になるには。。。
    セカンドハラスメントがなくなるには。。。
    嫌がる女性の身体を触ることで己の性的欲求を満たすというセクハラの行為は、悪意で故意の行為です。
    その行為を擁護する人間が存在しないようにならなければ、セクハラはなくならない。。。
    セクハラの加害男性を擁護しない人間が存在しないようにするには。。。セクハラの加害男性と関わることは『災いの始まり』であることを悟ること。。。

    だから祈ります。
    『セクハラを皆無になり、セカンドハラスメントがなくなること。そして、私達の苦しみの全てを災いの全てを性的異常の生き物とその家族とそれを擁護する人間達の上に追いやって下さい。』と。。。


     
    『祈り』と『呪い』の違い。。。あるのでしょうか。。。
    時には、『祈り』が『呪い』になることがあるのではないでしょうか。。。


    | - | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/261