RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 「社労士 うつ ブログ」で検索してみてください。 | main | 保身の本当の意味を考えませんか >>
保身の本当の意味を考えませんか
0
    『保身』の意味は、「自分の地位・名誉・安全などを守ること。」です。

    セクハラの被害女性がセクハラの被害を『声』にしたとき、保身を最優先する人間たちからセカンドハラスメントの被害を被ります。

    『セクハラ=悪い行為』ということを理解しているからこそ、セクハラが起こった事実を隠そうとしたりするのでしょう。
    セクハラの被害を軽視するのではなく、セクハラの被害が軽微だった・重大なことではなかったと思い込みたいのではないでしょうか。

    保身を最優先する人間にとっては、自分が責任を追及されるようなことが起こってはならないのですから、起こったできごとが重大か重大でないかが問題ではなく、自分が責任を取らなければならないか、責任を取らなくてよいかが重要なのではないでしょうか。

    少し角度を変えて考えてみると、『保身』の本当の意味を考えることが大切なのではないかと思うようになりました。

    私は、自分自身が一番可愛い人間だと思っています。
    自分が可愛いから、いつも最悪の事態を想定してしまいます。
    そして、想定していた最悪の事態が起こらなければ感謝してしまいます。
    取り越し苦労の自分を笑ってしまいます。
    この繰り返しです。
    一番怖いことは、『幸せ』と感じていることがなくなることです。
    『保身』のために最悪の事態を想定しています。

    『保身』とは。。。しばらく考えていきたいです。

     
    | - | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/264