RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 保身の本当の意味を考えませんか | main | 保身の本当の意味を考えませんか >>
保身の本当の意味を考えませんか
0
    『保身の本当の意味』は、何でしょうか。。。
    強い者に諂うことでしょうか。。。
    余計なことを言わないことでしょうか。。。

    強い者に諂うことで、将来をも安泰でしょうか。。。
    余計なこととは何でしょうか。。。

    社会保険労務士会の会合の場で、社会保険労務士で貝塚市の民生委員だったI口に、拒否の意思表示をし、逃げているのに追いかけてこられて背後に回られ、臀部を下から上に触れるという猥褻行為の被害に遭いました。
    I口の私への猥褻行為は、社会保険労務士会の役員ら複数名の前で行われました。
    I口は、以前から何人もの女性の社会保険労務士に対して胸を触ったりなどのセクハラ行為を繰り返していました。
    I口は、早くに配偶者を亡くし欲求不満の塊という噂も耳にしました。
    放置されていたのです。
    社会保険労務士会の役員らは、I口のセクハラ行為を見てみぬ振りをしていたのです。
    社会保険労務士会の役員らが、I口に注意することは、余計なことだったのでしょうか。。。
    I口のセクハラ行為を問題提起し、社会保険労務士会で取り上げることは、余計なことだったのでしょうか。。。

    私は、永遠の憎しみを恨みを呪いをI口のDMAを引き継ぐ者に残します。
    法律でも、理屈でも、理論でも。。。『セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくす。』ことを成就させることはできません。
    神への祈りだけ。。。
    毎日、毎日、一日に何度も祈っています。。。
    その中で、セクハラをなくすためには。。。セクハラの被害に遭い苦しんでいるセクハラの被害女性を苦しみから解放するには、どうすればいいのか。。。
    私に何ができるのか。。。
    私にできることは。。。
    そして、悟りました。。。セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくすには。。。セクハラの加害男性のみならず、その家族はもちろんのこと、未来永劫、そのセクハラの加害男性のDMAを引き継ぐ者にも、社会全体が嫌悪し、忌み嫌い、軽蔑し、蔑む、そんな意識にならなければならないと。
    そうするには、どうすれば。。。私にできることは、祈ることだけ。

    先日、あるセクハラの被害女性と「呪いを残そう。」と盛り上がりました。
    セクハラの加害男性が死んだ後、その子孫が墓を蹴り、「お前のDMAを持つせいで、どれだけ迷惑をしていることか。お前の子孫であることがどれだけ恥ずかしいか。」と破棄捨てる未来を願おうと。

    もちろん、反対意見もあるでしょう。
    反対意見を述べる前に、セクハラを皆無にして下さい、セカンドハラスメントをなくして下さい。
    セクハラの被害女性がこれ以上増えないようにして下さい。
    そして、何より、今現在、セクハラの被害に遭って苦しんでいるセクハラの被害女性の苦しみを消し去って下さい。

    本当の『保身』は、後悔しないようにすることではないでしょうか。
    人間の能力には限界があります。
    全てを万全にこなすことはできません。
    無関心であることが人を傷つけてしまうことがあります。
    正しいと信じて行ったことが間違っていることもあります。
    反対意見を述べなければならないこともあります。
    自分が成功することで、他の人が失敗という結果になることもあります。

    結果が、どうであれ、後悔しないようにすることが、本当の『保身』になるのではなでしょか。。。
    目先の『保身』に惑わされ、最悪の状況になっていっている人、見たことありませんか。。。

     
    | - | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/274