RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 保身の本当の意味を考えませんか | main | 保身の本当の意味を考えませんか >>
保身の本当の意味を考えませんか
0

    テロが多発しています。

     

    無差別テロから、身を守る方法は。。。

    何故、無差別テロが起こるのでしょうか。。。

     

    「強い者に諂い、弱い者を虐げる。」という人の弱さが無差別テロを引き起こすのではないでしょうか。

     

    テロを起こす側は、無差別テロという認識なのでしょうか。。。

     

    私は、社会保険労務士会の会合の場でセクハラの被害に遭いました。

    社会保険労務士で貝塚市の民生委員だったI口の性的異常の行動によって、私は女性としての尊厳を傷つけられました。

    I口やI口の家族は平然と生活をしています。

    社会保険労務士会の役員らは、「I口のセクハラ行為には、社会保険労務士会は関係ない。」と言いました。

    社会保険労務士会の会合の場でセクハラの被害に遭った私は一人で苦しむしかありませんでした。

    そもそも、I口の性的異常の生き物を放置していたI口の家族や社会保険労務士会にセクハラの被害女性に対しての理解などありません。

    I口の家族は、「仕方がないでしょう。早くに奥さんを亡くして寂しいんだから。」という発言をしました。

    社会保険労務士会の役員もです。

     

    I口の性的異常の行動を問題提起するのは、セクハラの被害女性ではなく、I口の家族ではなかったでしょうか。

    社会保険労務士会もI口を支部役員として任命したのなら、問題提起し、解決に取り組むべきではなかったでしょうか。

     

    根底にある『強い者に諂い、弱い者を虐げる。」という悪しき人の性が様々な問題を拡大しているのではないでしょうか。

     

    テロが多発する一因に私たちの無関心さがあるのではないでしょうか。。。

     

    私は、セクハラの被害に遭ったことで、多くの人と出会いました。

    出会った人たちから多くのものを得ました。

    「強くなる」の本当の意味を出会った人たちから教えてもらいました。

    「強い者に諂い、弱い者を虐げる。」という状況を打破するには「強くなる」しかありません。

     

    もし、「強くなる」の意味を誤った取り方をしたら。。。

    武力を持つことで強くなったと勘違いし、虐げたられている状況を打破しようとしたのなら。。。

     

    無関心は、罪なのではないでしょうか。。。

    もちろん、中途半端な関心で関わる良いことではありませんが、『無関心』がその問題で苦しんでいる人を更に苦しめるのではないでしょうか。。。

     

    無差別テロも、私たちの無関心が引き起こした産物だと思ってしまいます。

    武力行使は、断固否定します。

    でも、そこまで人を追い詰めてしまったものを見極めなければテロはなくならないと思います。

    そして、テロの脅威に怯えなければならない。。。

     

    本当の保身。。。一人一人が考えなければならないのでは。。。

     

    | - | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/277