RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 性的異常は病 | main | 嘘は、いつかばれるもの >>
求めるものは、世間の処分
0

    性的異常の生き物が、被害女性に与える精神的苦痛は、想像を絶するものです。

    この部分に対しての社会の認識が低いため、セクハラの被害女性は、セカンドハラスメントの被害を受けます。

    そして、セカンドハラスメントの被害が与える精神的苦痛も想像を絶するものです。

     

    性的異常の生き物に厳罰を求めれば、非難され。。。

    性的異常の生き物に温情をかけ示談すれば、それはそれで、示談金に憶測が行き、「所詮、金か。」などの中傷で非され。。。

    『被害女性』になった時点で、『生き地獄』です。。。

     

    私が一番『生き地獄』と感じているのは、セクハラの被害そのものでも、セカンドハラスメントの被害でもありません。

    セクハラの被害を『声』にして、仕事を失わなかった被害女性を私は、他に知りません。

    多くの被害女性は、仕事を失ったり、被害を『声』にしたことへの罰かのような処遇になったりしています。

    日本国憲法にも勤労は義務とされています。

    人は、働かなければ生活して行くことができません。

    学生として勉強中心の生活より、生活していくための仕事をしている期間の方が何倍も長いのです。

    その長い期間、やりがいのある仕事をしたいと思うのが普通です。

    それを奪われることは、それが叶わないことは、地獄です。

     

    私は、セクハラの被害を『声』にして、セカンドハラスメントの被害を『声』にしても、幸い仕事を失いませんでした。

    社会保険労務士会の役員たちや社会保険労務士会に依存しているような社会保険労務士たちとの交流はなくなりましたが、それ以上に仕事にはもちろん人生において必要な人たちとの交流を得ました。

     

    「幸せでない。」と言ったり思ったりすれば、バチが当たるような幸せな日々を送っています。

    一日一日があっという間に過ぎていきます。

    楽しい一日を送れば、夜は、布団に入るとすぐに眠ってしまいます。

    朝も、起きることが嫌ではありません。

     

    仕事仲間との打ち合わせの後。。。

    友だちと会ったり電話した後。。。

    娘とショッピングしたりした後。。。

    いろいろなことの後。。。ふと、セクハラの被害に遭い職を失ってしまった被害女性たちのことを思ってしまいます。

    そして、この瞬間にも、新たなセクハラの被害女性が出てしまっていることを考えてしまいます。

     

    そして、『セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくす。』ことに無力な自分を思い知らされます。

    辛いです。。。

     

    社会保険労務士で貝塚市の民生委員だったI口から、嫌がり拒否の意思表示をし、逃げているのを追いかけてこられ、背後に回られ、臀部を下から上触られるというセクハラの被害に遭った時から、『全てが幸せ』という日々がなくなったのです。

     

    性的犯罪の罰は軽すぎます。

    死刑が執行すれば罰が終わり、刑期が終えれば罰が終わる刑事罰より、金銭を払えば終わる民事罰より、永遠に終わることのない『世間の処分』しか、『セクハラを皆無にする、セカンドハラスメントをなくす。』ことは成就しません。

     

    それを声高くしたところで、無関心な人が多い。。。

     

    だから、『呪い』『怨念』しかありません。。。

     

    性的異常の生き物に関わることが災いとなるように。。。

     

    毎日祈っています。

    「この世の全ての災いが性的異常の生き物のI口とその家族と、性的異常の生き物を擁護する人間たちの上に追いやってください。」

     

    この祈りを始めてから、本当に私の周りは『万事が益』です。

    | - | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/282