RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 祈り。。。 | main | 言葉の使い方 >>
祈って祈って。。。
0

    あっという間に2月も後半です。

    ブログに書く回数減りました。

    書くことがなくなったのではありません。

    書きたいことが決まったから。。。

     

    性犯罪に関しての法改正がなされようとしていますが、まだまだです。

    厳罰化と言われていますが、被害女性の心の傷の大きさを考えると軽微すぎるものです。

    いえ、法では、どうすることのできない問題なのかもしれません。

     

    セクハラの被害女性の『声』をマスコミが取り上げ続けることは皆無と言って過言ではないでしょう。

    他の事件に消されてしまっています。

     

    セクハラの被害女性の『声』が連日連夜、テレビのニュースで流れ続けることはありません。。。

     

    時々、セクハラの被害がテレビのニュースや新聞で取り上げられても、翌日にはなかったことのようになってしまう。。。

     

    祈って祈って。。。祈り続けるしかありません。。。

     

    社会保険労務士で貝塚市の民生委員であったI口のような下卑た卑劣な生き物が存在できないように。。。

     

     

    | - | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/290