RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

涼子の部屋〜セカンドハラスメント〜

セカンドハラスメント〜罪の意識なき重き罪〜
ホームページhttp://secondhara.ayumu-office.com/ にセクハラ被害と被害を『声』にしたことによるセカンドハラスメント(セクハラの2次被害)のことを書いてきました。

セクハラもパワハラは、被害者の問題ではありません。加害者の問題です。
そして、セカンドハラスメントの概念は、被害者・労働者側の概念ではなく、事業主・社会保険労務士がリスクマネジメントとして持つべき概念であることに気がつきました。

被害者にとっての真の解決は、自分と同じ被害に遭う人が皆無になることです。
終わりはないのです。。。
加害者側が無理に終わりにしようとするから歪が生じるのです。

実務的には事業主側の社会保険労務士として、被害女性として、セカンドハラスメントの概念≒リスクマネジメントを書いていきます。

<< 理不尽なこと。。。祈るしかないの。。。 | main | ハートネットTVのHPでハラスメントの二次被害に関する体験談や意見の募集 >>
大切なもの。。。守りたいもの。。。
0

    年度末です。

    いろいろな事柄が世間を騒がしています。

     

    たくさんある事柄でナンバーワンはと問われると思い浮かべるのは、あの事件かもしれません。

     

    頭脳明晰の人が何故あのような愚かなことをしたのか。。。せざるを得なかったのか。。。と皆思っていることでしょう。

     

    大切なもの。。。

    守りたいもの。。。

     

    それは、人によって違うでしょうが。。。でも、一番大切にしなければならないのは、自分自身の考えで、自分自身の判断で、自分自身の行動ではないでしょうか。

     

    社会保険労務士で貝塚市の民生委員であった性的異常のI口の異常行動と社会保険労務士会の役員たちの対応を問題提起したことを後悔したことはありません。

    むしろ、問題提起したからこそ、今が幸せがあることを実感する日々です。そして、未来の幸せも確信できる日々です。

    もし、問題提起しなければ、今は、暗い日々だったのではと思うことすらあります。

     

    性的異常のI口は、当然、関わりすらもつべきではない生き物です。

    社会保険労務士会の役員たちも交流を大切にすべき人間ではありませんでした。

    むしろ、間違った判断基準や考え方に染まり、いえ、考えることもしなくなっていたかもしれません。

     

    大切なもの。。。守りたいもの。。。自分自身です。

    自分自身を犠牲にしてまで大切にし守るのは、相手も自分を大切に思ってくれ守ってくれる関係の人ではないでしょうか。

     

    自分自身の今までの生き様を否定し、未来を犠牲にしなければならない人間関係は、断つ勇気が必要なのではないでしょうか。

     

    大切なもの。。。守りたいもの。。。が悲しまないように。。。

    | - | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ryoko.ayumu-office.com/trackback/302